なぜフィナステリド(プロペシア)はAGAに効果があるのか

AGAに効果を発揮すると言われている「フィナステリド」という医薬品がありますが、日本ではあまりなじみのない名前です。
これは、日本の医療機関で処方され販売されているのが、「プロペシア」という商品名だからです。
しかし、どちらも同じ成分です。

では、なぜフィナステリドは飲むだけでAGAに効果があるのでしょうか。
ちょっと詳しく説明したいと思います。

まず、抜け毛を発生させる「ヒドロテストステロン(DHT)」の生産に関わっているのが「Ⅱ型の5αリダクターゼ」という酵素であるということを理解する必要があります。
5αリダクターゼにも、毛髪の皮脂腺にあるⅠ型と毛乳頭にあるⅡ型があるということです。
睾丸でつくられる男性ホルモン「テストステロン」が、血液の流れによって頭髪の毛乳頭まで到達すると、そこでⅡ型5αリダクターゼと結合してDHTとなります。
このDHTが、毛包をゆがんで小さくさせ、ヘアサイクルの短縮化を引き起こすわけです。

毛乳頭は髪の育成に大きな役割を果たしています。
どういうことかと言いますと、毛乳頭は毛母細胞の中心に存在し、毛細血管から送られてきた栄養分を毛母細胞に受け渡します。それと同時に、毛母細胞に様々な信号を送り、細胞分裂を促し毛髪を成長させる役割を担っているのです。
ここに毛乳頭の働きを邪魔するDHTがあることが、脱毛の大きな原因になるわけです。

フィナステリドには、DHTがつくりだされるきっかけとなる5αリダクターゼに働きかけて、DHTの生成を阻害する効果があります。
これによって、毛乳頭も本来の働きをすることができるようになります。
したがって、薄毛になってそれほど時間が経過していなければ、毛根が生き残っている可能性も高く、フィナステリドを服用すれば、ヘアサイクルの改善も十分期待できるというわけです。

ただし、フィナステリドといえども必ず効果があるわけではないことに注意が必要です。
薬の効果は人それぞれ違うからです。
短期間で効果がある人がいる一方で、「2年近くかかってしまった」と時間がかかる人もいます。
なかには、薄毛の進行は止まったけど、髪の毛が生えてこないと感じる人もいるかもしれません。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする